濃い地色

濃い地色の葡萄帯

引き染め →蒸し→水元 で上がってきました。
a0323808_16304295.jpg
a0323808_16310629.jpg
蔦の部分は仕上げで薄いブルーをかけて。
白い葉が主役のよう。



[PR]
# by saien-kyoto | 2017-09-12 16:37 | 帯  | Comments(0)

紅葉帯 掲載

美しいキモノ 2017秋
おしゃれで似合う「色選び」が決め手のコーディネート術 特集

48ページ、掲載いただいてます。
六月にもとじさんでの個展の折、制作した紬地のもの。

単衣や袷の季節に進んでも汗ばむ日の多い昨今、
爽やかな風を運びますように。

a0323808_12511544.jpg
a0323808_12543161.jpg



[PR]
# by saien-kyoto | 2017-08-31 12:58 | 型絵染め | Comments(0)

濃い地色

ようやく、秋の気配を感じるこの頃です。

秋らしい柄の最盛期を迎え葡萄、葡萄、秋桜、葡萄(笑)105.png…たまに女郎花。
秋の七草シリーズもまだ制作途中。
早くしないと冬になっちゃう…涼しくなるのが嬉しいような困るような

久しぶりの糊伏せの加工、濃い地色の時の作業です。
彩色したところに 糊伏せした後、地色を引きます。
a0323808_14200660.jpg



[PR]
# by saien-kyoto | 2017-08-30 15:08 | 帯  | Comments(0)

新潟帰省 足をのばして福島県

帰省中。
実家から二時間ほど電車に揺られて、福島県 会津若松。

「素敵な更紗が、たくさんあるのよ」と教えていただいた
ギャラリー凛さんに行ってきました。
http://www.gallery-rin.com/
更紗はインドのバティックや、インドネシアの木版。
それを模してローラーで染めたものや、刺し子で刺繍したものなど様々に有りました。
色んなタイプを少しずつ、産地なので山葡萄籠も手の込んだ物がいくつかあって
きゃあきゃあ💕なってしまいます。

ミシン刺繍のものだろうけど、袷と単衣まで結べるお利口さんを一本お持ち帰り。
塵よけ代わりに使いたい薄いショールも。(買い物モード(笑))
出番は来年かなあ…

お店のある「七日町通り」は漆塗りや桐下駄のお店がたくさんあるそうな!
しかし、こちらはお盆中ということもあって半分は閉まってました。

駅前でレンタル自転車をしており
鶴ヶ城へも15分で移動でき、会津木綿の工房も次回の為にCHECK。
桐下駄が豊富に揃うお店も教えてもらい、次は母を一緒にと思っています。


a0323808_18322924.jpg



[PR]
# by saien-kyoto | 2017-08-15 19:10 | おでかけ | Comments(0)

初個展

型絵染め工房彩苑の澤田です。
過去記事になります。
a0323808_16140453.jpg
a0323808_16141601.jpg

H29.6月23〜25日
「銀座もとじ」さんで個展開催していただきました。

制作の準備期間は約8カ月、少なくとも20点は必要ということでせっせと
染めてゆきました。

途中、予定していた公募展への出品がありましたがこれも無事、入選。
合わせて展示していただけるとの事、感謝です〜。

「型絵染めとは?」工程や作品説明も大切という事で
週末にはお客さまに入ってもらってギャラリートークも開催。
「人前で話すの、苦手なんですが…」
「そういう作家さん、多いです〜ニコ(^^)」
ですよね(笑)かわいい帯たちを紹介できるなら頑張るしかないわ。

初日、お花もいただき、福岡、関西からたくさんのお着物の友達が来てくださいました。大学時代の友人も、20数年ぶり!というのもあって同級会の様に懐かしい。

2日目 ギャラリートーク

「急ですが、外から会場に入ってもらいます。
その方がギャラリーのオープニングにも相応しいと思います」
『ギャラリー泉』の扉が初めての開くという(光栄!)
こちらは朝からド緊張で なされるがまま、付いて行くのみ(笑)

ですが始まってみれば、会場の
なんてなんて温かく優しい雰囲気!
入場の拍手に『がんばれ!頑張れ!』の声援がくっついて届いてくる様で
緊張しつつも「大丈夫。きっと大丈夫」と安心でき感謝いっぱいの気持ちで入っていけました。
繭の中、守られている蚕さんてこんな感じ?後からフッと思った感想です。
午後は疾風怒濤の快進撃!

3日目 最終日
この日もお客様、友人、親戚が来店してくださり…
大学の同級生がお嬢さんと来てくれ年月の流れを感じ
また、比較的お客様とも話せたのでじっくり味わえた一日でもありました。

お着物との馴れ初めだったり、思い出だったり
伺うのが好きです。

着物は贅沢品ですし、生活に欠かせない衣食住の部類に含まれませんが
元は寒さをしのぎ、外敵から身を守るもの。
守るべき相手を思い 糸を作り布を織ってきた古代の人々思いに通じるからです。

麻でも絹でも、健気でひたむきな命をいただいている事を忘れず
より高い理想を持って励みたいと思った初個展でした。

[PR]
# by saien-kyoto | 2017-07-31 16:20 | Comments(1)

船出


昨日、無事 栗山工房を退職いたしました。

入社して20年、思い出も沢山あり多くをを学んだ年月でした。

節目を迎えられたのも、

皆さまのお心に支えられたからこそ。

お世話になり本当にありがとうございました。


いよいよ新しい船出です。私の

一番の強みは着物大好きのお仲間がいること。何より強し✨

皆さまのお着物への思いが、私の制作の源です。


独り立ちの不安はありますが、

しっかり漕いで参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。



[PR]
# by saien-kyoto | 2017-04-21 16:41 | Comments(2)

日本伝統工芸 染織展

3月末に『日本伝統工芸染織展』公募展に出品いたしました。

結果は入選!いただきました

昨年、日本伝統工芸 本展に出展しようとしたところ
親方が「近畿展などに先ず出しや」というので

同じく日本工芸会の部会展に挑戦してみたのです。
a0323808_23421110.jpg
『夏霞』
絵羽付けに裾は暈しを入れました。
衿と衽の柄付けは悩みましたが自身で
仮絵羽をしたことで理解できました。

次はあれもこれも取り入れたい。
夏の本展に向かいます。

第51回日本伝統工芸染織展
 開催地 会期スケジュール

東京 日本橋三越本展 5月10日~15日
岡山 岡山天満屋  5月17日~22日
京都 大丸京都店  5月24日~29日
福岡 岩田屋本展  6月7日~12日


[PR]
# by saien-kyoto | 2017-04-10 23:48 | きもの

涼しい風の吹く頃

京都の桜も満開になりました。
あちこちで咲き誇って薄紅色が美しいです。

季節はようやく春本番ですが
制作は半年先の秋に向かって。
a0323808_23154698.jpg
さらりとした紬に
どんぐりや銀杏、紅葉。夏の空気がまだ残る配色で染めています。

[PR]
# by saien-kyoto | 2017-04-09 23:18 | 帯  | Comments(0)

鈴蘭と葡萄蔦

京都は寒の戻り、あられ模様の冷たい一日でした。

こういう日に水元…😢

水に浸ってる反物って

ことさら綺麗でやる気が湧きます。元 雪ン子⛄サムサニマケナイ!

a0323808_21315242.jpg
糊を落とす為、水元で待機中




[PR]
# by saien-kyoto | 2017-03-07 21:39 | 帯  | Comments(0)

違うエッセンス

会社を半ドンして

お着物友達のakeさんにお誘いいただき

「えり善」さんの(“え”がでない(ToT))70周年記念展示会にいって来ました。

お祝いに相応しい眼福の数々。

社員さんのプロデュース企画がとても面白かった❗

それにいつも はっきりくっきりの型絵染めの世界にいるので

はんなり友禅が眩しくうっとりしてしまいました。           
a0323808_22470603.jpg
写真は源氏絵巻の復元、紋意匠図。

独立して余裕が無くなっても

着物は着続けよう、着物で出掛けよう と思います。

着る人側の目線を制作の中心に置きたいから。

良い刺激の後は制作もはかどる( *´艸`)
a0323808_22471992.jpg







[PR]
# by saien-kyoto | 2017-02-13 23:11 | 帯  | Comments(0)