銀座de トーク会 打ち合わせ編

『銀座もとじ』さんへ到着

床にしろ、柱にしろ、もとじ社長のこだわりいっぱいの店内です。

ほぼ正方形の瓦で覆われた壁。

瓦って触ったらひんやりするけど
その中に焼成された時の記憶が残ってるというか
炭色だからなのか 『炎』 デスよね。
ランダムにモノトーンで構成された壁はとても美しかった。(もともと石垣好き♡)
一枚板の巨大テーブルや それを支える石の台座はオブジェのよう
床も壁もスッキリとした印象で

それと対照する様に 季節を表した四彩の襖の染紙が
やわらかく映えていました。

と、店内を良く観察出来たかのようですが…本人ドッキドキです。

スタッフの方が話しかけてくれ(お着物の似合う落ちついた素敵お兄さん!)
『なぜにこの道へ?』『出身はどちら?』
とトーク会の予行練習さながら。
共に学生時代を北海道で過ごした事がわかって 
会話も弾み緊張ほぐしてもらいました。神対応ですわ。
012.gifお気遣いに感謝です。

他の受賞者と挨拶をすませ、
明日のトーク会の流れと質問事項などの打ち合わせ。

037.gifむふふ、

予習して来ましたからね☆
(ビビリんぼうには 簡単な質問でもハードル高いのです。)
幸い質問数が少ないし、これなら覚えられる〜と安堵。
ある意味、自分宣伝の場です。アピールも大切ですが…

ホントこれで良かった…夕ご飯 食べられる…♪

今宵は銀座で中華〜
シャンパンで乾杯して「レタスのみそ肉和え包み」な前菜からスタート。

040.gifこれまでも ここからも 一切写真撮れていません!
 ごめんなさ〜い
 キッツいブログになってる〜)

話題は 受賞者それぞれの普段なにやってるか? どんな公募展出してきたか?とか。

他の方も自宅兼工房で頑張ってらっしゃるご様子。
作品は作るけど、販売とか営業とか、そっち方面よく分からない作家組。
全員がこの日の為に名刺を作ってきて なんとなく連帯感。

きものSalonさんは誌面へのこだわりや もとじさんも受賞者に期待する事など。
きものに対する思いが熱くて熱くて スタッフの方にどんどん伝播していってる感じ。

もとじさんが銀座にお店を出した頃は
きもの業界は底が見えないほど低迷していた時期だったと思います。
バタバタと倒れる音が聞こえそうなくらい…
そんな時の勝負、強い思いは何処からくるのだろうとお聞きしたくなりました。


オリンピックのデザインロゴの例の話題も出て〜

京都だと少し距離を感じていた五輪ネタでしたが やっぱりこちらはホットです。

『表彰式、きものかな?』
『そりゃきものでしょ! 着てほしいわ!』
『でも夏よ。まっただ中よ〜』
『絽の振袖! きゃ〜素敵〜〜016.gif 』

コンパクトな五輪目指すべきですが 文化はしっかりアピールして欲しい。
問題おきても誰も責任とらないエラい方達、
誘致の時には 「東北の元気につなぐ」と言ったのだから
そちらの織物とか使ってほしいです。

帰りにもとじさんに送っていただき 
さっきの質問してみました。

『ピンチはチャンスなんですよ!
諦めずに続けていたら報われる日が来ます』

この日に感じた事は きっと仕事に出てくる。出します。

熱い想いに触れたからか、明日の緊張からか
この晩は目が冴えて興奮の冷めない夜でした。


[PR]
by saien-kyoto | 2015-09-13 02:51 | おでかけ | Comments(0)
<< 銀座de トーク会  トーク... 銀座de トーク会 行く道編 >>