カテゴリ:未分類( 18 )

船出


昨日、無事 栗山工房を退職いたしました。

入社して20年、思い出も沢山あり多くをを学んだ年月でした。

節目を迎えられたのも、

皆さまのお心に支えられたからこそ。

お世話になり本当にありがとうございました。


いよいよ新しい船出です。私の

一番の強みは着物大好きのお仲間がいること。何より強し✨

皆さまのお着物への思いが、私の制作の源です。


独り立ちの不安はありますが、

しっかり漕いで参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。



[PR]
by saien-kyoto | 2017-04-21 16:41 | Comments(0)

-

a0323808_22342411.jpg

[PR]
by saien-kyoto | 2017-01-26 22:34 | Comments(0)

試作0118

新作の試作品を3点糊置き。

自分で描いてるにもかかわらず、線と面ではこうも違うかと思うことがままある。

デザインした時には「なかなか(//∇//)❤」と感じても
染めてみたら、締まらない…まとまらない…

糊を落とした後に
色を加えるのは手間のいることで
😢できるだけ避けたいの
a0323808_22133892.jpg
この3点、配色のイメージは完成しているので
各色のバランスを確認するのみ。

「ここは濃い色、たっぷりきかしを入れて…」など

そうして繰り返し、この柄にあった彩色を見つけていきます。


[PR]
by saien-kyoto | 2017-01-18 22:13 | Comments(1)

雪景色

朝の工房付近 山沿いなので(((^^;)


通勤中に何体の雪だるまに会っただろう…
今年の子達は皆、白くて大きかった⛄

川の水はいっそう冷たそうです
a0323808_20312691.jpg
a0323808_20373877.jpg
着物友達の節分イベントに賞品として
用意している大麻夏帯。

趣味の延長~木版をぺったんぺったん!
素朴な感じが好きです❤

年齢を重ねると赤い色が敬遠がち。
でもこれくらいなら大丈夫じゃない?
まったく問題なし、むしろ地味⁉

これに金糊を施します。




[PR]
by saien-kyoto | 2017-01-16 20:25 | Comments(0)

初釜

平成29年 初釜 京都 「梅小路公園緑の館」にて

亭主役を授かりました。
前日まで必死のパッチで練習➰
手順ばかりで練り具合も確認しなきゃとスーパーに走る午後一。

夜になって着物の準備していたら、
…古袱紗がない。
お茶を出すときに、胸元に忍ばせておくべきモノが
何度探してもない‼
すでに22時を回り早く寝ないと、という時間。
朝に買いにいくのも無理。
ええい‼こうなったら縫うしかない❗


幸い端切れならたくさんあります。
可愛らしいのを選んで、夜なべにチクチク。
a0323808_22443382.jpg
少し寝不足でしたが緊張で集中出来ました。
練り具合もお褒めの言葉をいただき、
お茶に助けられながらも無事に務められたと思います。

梅に菊桐の訪問着。
袋帯は美容師の母の恩師が結んでいたもの。
朱色の箔に末広のおめでたい刺繍。

帰路には虹も見ることができ
なんとも清々しい一日でした。
a0323808_21544261.jpg




澤田麻衣子
iPhoneから送信
[PR]
by saien-kyoto | 2017-01-15 21:54 | Comments(0)

更紗その2

京都 型絵染めの澤田です。

来シーズンに向けての作品作り。

来週に問屋さんとの打合せがあるので

絵刷り(デザインのモノクロ画みたいなもの)を完成させようと

型紙の制作に必死のパッチです😤

更紗その2

インドネシアのバティック=蝋纈染め をアレンジして。

んん?

前より刃のすべりがいい具合。上手くカッターを操れている気がする\(^-^)/

やっぱり続けてやったほうが上手くなる。

工芸が、特に京都で分業化したのはこういうことなんだなぁ…と。

(語れる腕じゃないですが(^^;)))

彩色は華やかで楽しいけど、型彫りみたいな

暗~く黙々とする作業も好き(笑)

は!?写真撮って気づいた!下絵が未完成😱





[PR]
by saien-kyoto | 2016-11-26 23:11 | Comments(0)

珍しいお客

勤め先は、京都駅からバスで一時間ほどの山の麓

今でこそ住宅地となっているが、しばらく前は家もまばらほどだった。

毎年、猪は出るし猿も見たことある。

野生の何かがいっぱいいる。


先週のある朝のこと、防獣網に角が絡まっていた。

凛々しい姿、円らな瞳が愛らしい。逃がせるものならそうしてあげたいけど…

森林を荒らし獣害をもたらす。

人間のほうがよっぽど自然にひどいことしてるのにね。



a0323808_01410946.jpg




[PR]
by saien-kyoto | 2016-11-22 02:02 | Comments(0)

古代布に学ぶ

「古代布に学ぶ」旧三井家下鴨別館で行われた勉強会に行ってきました。

古代布とは…
藤布、葛布、科布、太布、大麻布、苧麻、芭蕉布など


木綿が伝わる以前に庶民の普段着として纏っていたものです。

素材は木や草の繊維。

糸を作る膨大な時間と労力、根気

慎ましい生活であったからこそ残った技術を思うと切なくなってきます。

名も無き職人、職人でもなかった人々の織った生地が愛しくてたまりません。

講師は京都・ギャラリー「啓」のオーナー。

生地の説明で「この子は…」て話されるの。愛情が溢れてます❤
a0323808_02293638.jpg
a0323808_02303086.jpg
a0323808_02295722.jpg
 



[PR]
by saien-kyoto | 2016-11-17 23:10 | Comments(0)

熊本二日目

二日目。
a0323808_22371901.jpg
工芸展は熊本城のとなりの工芸館。

立ち入り禁止のお城をぐるりとまわって…

崩れた石垣、城下を見下ろしていた櫓も被災。

大きな傷を負った姿に胸が痛い。

それでも

実際には見れなかったけど

震度6強からお城を守った角石一列。

今も熊本を見守っているかのような本丸御殿は

雄々しく威厳ある姿でなんと勇ましかったことか。

被災した方々には心よりお見舞いを申し上げます。

そして一日でも早い復興を願っています。


「くらしの工芸展」に出品した2点は

[西洋酸の木(ビルベリー)][葡萄柄六通]

小さくてもその実に沢山の力を秘めているベリーの実。

そして葡萄は未来へと繁っていく縁起のよい植物。

応援の気持ちを込めて制作いたしました。


[PR]
by saien-kyoto | 2016-11-08 23:17 | Comments(0)

熊本訪問

文化の日
熊本「第34回 くらしの工芸展」に行ってきました。

一日目

家族ぐるみで仲良しのM様宅へ。

「お茶会遊びをいたしましょう」とお誘いを受けまして😆

待合いには短冊にお花、蹲で清めてから席入り、お床拝見、鉄瓶拝見と

きゃあ❗本格的✨✨

M様は 「茶箱 月」のお点前でもてなしてくださいました。

待合いでの汲み出し(だったかな?)イタリアの塩トマト水🍹の話になり

あ!そういえばM様の帯は 彩苑作の「ワイン帯」❗

お茶会のテーマは❰イタリア❱ということが判明したのでした❤

(*゜Q゜*)あぁ 地中海の風❗

もう一つお茶入に見立てた、ベネチアグラスもご用意されてたのですが

アクシデントでまた今度。O様ご回復を願っています。

考えてくださったお時間とご準備に感謝感激です。


「茶箱 卯の花」なんとか最後まで行けました。

M様のようにさっとお茶を点ててスマートにお出しできたらな、と憧れます。
a0323808_01200598.jpg



[PR]
by saien-kyoto | 2016-11-08 01:25 | Comments(0)