タグ:工芸 ( 5 ) タグの人気記事

紅葉帯 掲載

美しいキモノ 2017秋
おしゃれで似合う「色選び」が決め手のコーディネート術 特集

48ページ、掲載いただいてます。
六月にもとじさんでの個展の折、制作した紬地のもの。

単衣や袷の季節に進んでも汗ばむ日の多い昨今、
爽やかな風を運びますように。

a0323808_12511544.jpg
a0323808_12543161.jpg



[PR]
by saien-kyoto | 2017-08-31 12:58 | 型絵染め | Comments(0)

新潟帰省 足をのばして福島県

帰省中。
実家から二時間ほど電車に揺られて、福島県 会津若松。

「素敵な更紗が、たくさんあるのよ」と教えていただいた
ギャラリー凛さんに行ってきました。
http://www.gallery-rin.com/
更紗はインドのバティックや、インドネシアの木版。
それを模してローラーで染めたものや、刺し子で刺繍したものなど様々に有りました。
色んなタイプを少しずつ、産地なので山葡萄籠も手の込んだ物がいくつかあって
きゃあきゃあ💕なってしまいます。

ミシン刺繍のものだろうけど、袷と単衣まで結べるお利口さんを一本お持ち帰り。
塵よけ代わりに使いたい薄いショールも。(買い物モード(笑))
出番は来年かなあ…

お店のある「七日町通り」は漆塗りや桐下駄のお店がたくさんあるそうな!
しかし、こちらはお盆中ということもあって半分は閉まってました。

駅前でレンタル自転車をしており
鶴ヶ城へも15分で移動でき、会津木綿の工房も次回の為にCHECK。
桐下駄が豊富に揃うお店も教えてもらい、次は母を一緒にと思っています。


a0323808_18322924.jpg



[PR]
by saien-kyoto | 2017-08-15 19:10 | おでかけ | Comments(0)

初個展

型絵染め工房彩苑の澤田です。
過去記事になります。
a0323808_16140453.jpg
a0323808_16141601.jpg

H29.6月23〜25日
「銀座もとじ」さんで個展開催していただきました。

制作の準備期間は約8カ月、少なくとも20点は必要ということでせっせと
染めてゆきました。

途中、予定していた公募展への出品がありましたがこれも無事、入選。
合わせて展示していただけるとの事、感謝です〜。

「型絵染めとは?」工程や作品説明も大切という事で
週末にはお客さまに入ってもらってギャラリートークも開催。
「人前で話すの、苦手なんですが…」
「そういう作家さん、多いです〜ニコ(^^)」
ですよね(笑)かわいい帯たちを紹介できるなら頑張るしかないわ。

初日、お花もいただき、福岡、関西からたくさんのお着物の友達が来てくださいました。大学時代の友人も、20数年ぶり!というのもあって同級会の様に懐かしい。

2日目 ギャラリートーク

「急ですが、外から会場に入ってもらいます。
その方がギャラリーのオープニングにも相応しいと思います」
『ギャラリー泉』の扉が初めての開くという(光栄!)
こちらは朝からド緊張で なされるがまま、付いて行くのみ(笑)

ですが始まってみれば、会場の
なんてなんて温かく優しい雰囲気!
入場の拍手に『がんばれ!頑張れ!』の声援がくっついて届いてくる様で
緊張しつつも「大丈夫。きっと大丈夫」と安心でき感謝いっぱいの気持ちで入っていけました。
繭の中、守られている蚕さんてこんな感じ?後からフッと思った感想です。
午後は疾風怒濤の快進撃!

3日目 最終日
この日もお客様、友人、親戚が来店してくださり…
大学の同級生がお嬢さんと来てくれ年月の流れを感じ
また、比較的お客様とも話せたのでじっくり味わえた一日でもありました。

お着物との馴れ初めだったり、思い出だったり
伺うのが好きです。

着物は贅沢品ですし、生活に欠かせない衣食住の部類に含まれませんが
元は寒さをしのぎ、外敵から身を守るもの。
守るべき相手を思い 糸を作り布を織ってきた古代の人々思いに通じるからです。

麻でも絹でも、健気でひたむきな命をいただいている事を忘れず
より高い理想を持って励みたいと思った初個展でした。

[PR]
by saien-kyoto | 2017-07-31 16:20 | Comments(1)

熊本二日目

二日目。
a0323808_22371901.jpg
工芸展は熊本城のとなりの工芸館。

立ち入り禁止のお城をぐるりとまわって…

崩れた石垣、城下を見下ろしていた櫓も被災。

大きな傷を負った姿に胸が痛い。

それでも

実際には見れなかったけど

震度6強からお城を守った角石一列。

今も熊本を見守っているかのような本丸御殿は

雄々しく威厳ある姿でなんと勇ましかったことか。

被災した方々には心よりお見舞いを申し上げます。

そして一日でも早い復興を願っています。


「くらしの工芸展」に出品した2点は

[西洋酸の木(ビルベリー)][葡萄柄六通]

小さくてもその実に沢山の力を秘めているベリーの実。

そして葡萄は未来へと繁っていく縁起のよい植物。

応援の気持ちを込めて制作いたしました。


[PR]
by saien-kyoto | 2016-11-08 23:17 | Comments(0)

熊本訪問

文化の日
熊本「第34回 くらしの工芸展」に行ってきました。

一日目

家族ぐるみで仲良しのM様宅へ。

「お茶会遊びをいたしましょう」とお誘いを受けまして😆

待合いには短冊にお花、蹲で清めてから席入り、お床拝見、鉄瓶拝見と

きゃあ❗本格的✨✨

M様は 「茶箱 月」のお点前でもてなしてくださいました。

待合いでの汲み出し(だったかな?)イタリアの塩トマト水🍹の話になり

あ!そういえばM様の帯は 彩苑作の「ワイン帯」❗

お茶会のテーマは❰イタリア❱ということが判明したのでした❤

(*゜Q゜*)あぁ 地中海の風❗

もう一つお茶入に見立てた、ベネチアグラスもご用意されてたのですが

アクシデントでまた今度。O様ご回復を願っています。

考えてくださったお時間とご準備に感謝感激です。


「茶箱 卯の花」なんとか最後まで行けました。

M様のようにさっとお茶を点ててスマートにお出しできたらな、と憧れます。
a0323808_01200598.jpg



[PR]
by saien-kyoto | 2016-11-08 01:25 | Comments(0)